不登校になる理由

自分の子供が不登校になってしまったらどうしますか。
実際その立場になってしまうとどうしていいのかわからないですし、つい子供にあたってしまうのも現実にはあります。
この原因として意外に多いのは、親が原因といったことがあります。
例えば子育てを放任してしまう、子供を自分の所有物にしてしまうといった行為をしていると不登校になってしまいます。

どういうことかと言うと、放任では子供を言いなりになってしまう親が多いのです。
子供との接触をあまりしない、干渉しなさすぎることで子供がわがままになってしまうのです。
そのため学校などの集団の中では、必ずしも思い通りになることはありませんし、自分より強い子供も多くいます。
自由が利かなくなってしまう場所にはなかなか行きづらいものです。
また、親が子供を所有物として支配してしまうことで子供は窮屈に感じます。
勉強しなさい、などと何でも命令口調で親の言うことを聞かせることは子供にとっては押し付けでしかないのです。

他の原因としては、いじめや学校の雰囲気に自分が合わない、また少し感性が独特の子はどうしても集団行動といったものに不慣れになってしまいます。
不登校になってしまう前に、親や周りが何かのサインを気付けてあげられたら事前に防ぐことができますが、なってしまったらそれなりの対応をしていかなければいけません。
大人が思っているほど、子供は子供としての幼い知識だけではなくいろいろなことを考えているものです。